中国語翻訳を専門業者に任せる時は丁寧に対応してくれる業者を選ぼう

Sitemap

勉強

比べる為に複数社に翻訳見積りを依頼

中国語の翻訳を専門業者に任せる場合、基本的には見積もりを出してもらう事になります。見積もりとは、いわゆる料金算出やサービス説明です。そもそも専門業者により、やはりサービス内容も異なるのです。文章の自然さなどの違いはありますし、スピードなどの違いがあるのも間違いありません。スピーディーに中国語の翻訳文を作ってくれる会社もあれば、もちろんその逆の会社もあります。もちろん各会社により、料金も異なるのです。
そのような料金を算出してくれるのが見積もりなのですが、実はそれは無料なのですね。算出をしてもらう分には、別にお金がかかる事はありません。あくまでも提示された金額に、お互いに満足できる状況になったら、業者に中国語の翻訳を任せることになります。それを有効活用しない手は無いでしょう。何せ無料なのですから、複数の会社から見積もりを提示してもらう事が推奨されます。各社から料金を出してもらえば、一番リーズナブルな所も見つけやすいでしょう。
また見積もり時には、もちろん業者の対応なども確認する事ができます。丁寧に対応してくれるかどうかも、重要な要素ですね。このように見積もりを依頼すれば、様々な事柄を確認できます。多少の手間をかけてでも、複数社に対する見積もり依頼が推奨されます。

中国語翻訳なら、大学生を活用しよう!

中国には日本語を専攻する人がたくさんいます。それにより、中国語の翻訳相場はかなり差が大きいです。
それで、中国語の翻訳業務があれば、大学生を活用するほうが一番いいと思います。日本語を専攻する大学生は自分が学んだ日本語を練習するチャンスが欲しがっているし、社会実践として、費用も安いです。中国語の翻訳単価は相場からいうと、日本語から中国語への翻訳は、千文字40~70元となります。
現在翻訳業務を担当するのは、翻訳代理会社、学生のバイト、そしてフリーランスと主にこの三つ分けています。翻訳代理会社もよく学生のバイトを利用し、プロの校正があれば、普通の翻訳の原稿を綺麗に修正することもできます。
中国語の翻訳業務があれば、ネットで情報発信するか、学校と提携して学生への実習チャンスなどの形もできます。そして、フリーランスのウェブサイトを利用して募集しても構いません。中国の大学生を活用したいなら、大学生はよく使うウェブサイトを利用して情報を発信すれば、応募が多いと思います。例えば、「ウェバー」「ウェイシンの公衆アカウント」「トウバン」など、日本語を専攻する方は常にそこでグループを組んでお互いに交流したりします。そこから情報を発信すると、格安で業務を完成することができます。

翻訳家の仕事について

翻訳家は、中国語などの外国語で記載されている文章を日本語に訳すのが仕事なので、特別な資格が必要されるというわけではありません。しかし資格が必要されないからといって簡単になれるというわけでもありません。
翻訳家は外国語を日本語に訳さなくてはいけないので、語学力は身に付けておかなければいけません。外国で最も利用されている英語はもちろんですが、中国語など他の外国語もしっかりと身に付ける必要があります。そのため高度なスキルは求められる仕事だと言えるでしょう。翻訳家として働いている人は、基本的にフリーランスという形なので給料というより報酬という形になります。報酬は、翻訳する文字数とその文字数に対する単価で支払われる事になります。そのため歩合制という事になるので、翻訳する文字数が多ければそれだけ報酬も高くなります。しかし翻訳のスキルがあまり身に付いていないと報酬も少なくなってしまうので、翻訳家の仕事以外に副業をするという形になってしまいます。
翻訳家の仕事は中国語などの外国語で記載されている文章を日本語に訳す事なので、何時間も丁寧に翻訳し続ける事が出来る集中力が必要になってきます。そのため語学力が優れていても集中力が持続しないという人はあまり向いていないと言えるでしょう。

中国語の翻訳を業者に任せるならスピーディーかつ安心の品質で中国語翻訳を提供している翻訳会社FUKUDAIがお勧めです。高品質だから安心して使用することができますよ。

Recent Posts

パソコンを操作している人

2016/07/26

翻訳家の仕事を知ろう

翻訳家は企業に入って仕事をしたり、フリーで活動したりします。翻訳の仕事には主に実務翻訳とメディア翻訳の二つがあります。実務翻訳とは、外国文学書、ビジネス書、マニュアル書などを日本語に直す仕事です。メディア翻訳とは、映画、テレビ、雑誌、歌詞などを日本語に直す仕事です。さらに翻訳家は出版翻…

文字を書いている男性

2016/07/26

翻訳家にはどのような人が向いているか

翻訳家にはどのような人が向いているか、まとめてみました。①日本語表現が豊かで、語彙センスが高い人翻訳は言葉を知らないと難しい仕事です。色々な表現を知っていて、かつ言葉のチョイスが秀逸だと評価も高いです。特にメディア翻訳では、語彙センスがかなり重要になるところがあります。…

開いた本

2016/07/26

翻訳家を目指すなら?

翻訳家と一口に言っても様々な翻訳家がいると思います。それぞれに翻訳の仕方が変わってきますが、英語力というのは必要になってきます。それでは、翻訳家になるためにはどうすればよいかを見ていきましょう。学歴は特に必要ありませんが、普通高校卒業レベルの英語力だけでは難しく、外大などの外国語系大学…

案内する女性

2016/07/26

翻訳家への道のり

翻訳家を目指している方の多くが、語学に興味を持っていて、特に興味を持った言語の翻訳家になりたいと考えていることと思います。ここでは、翻訳家を目指したいけれど、どうやって目指せばよいのかわからないという方に、翻訳家への道のりをご紹介します。まず、翻訳家を目指すにあたり、スタート地点となる…

TOP